最前線のシャネル 財布 メンズ&レディース バッグ発売中

最前線のシャネル 財布 メンズ&レディース バッグ発売中

by admin - 4月 16th, 2014

シャネルの服を取り上げる上でキーワードとなる、シンプル、エレガンス、実用的な服は、40年代後半のディオールのニュー

ルックと対照的であった。ブランドのラインナップとしても、時計や香水のラインを増やしていき、「シャネルのエスプリ」のキャ

ッチフレーズで有名な、「ココ」、その他、「アリュール」、「ココ・マドモアゼル」、「チャンス」など現在でも人気の香水を

発売していく。こうしてシャネルはトレンドセッターとしての地位を確立。服のデザイン以外にも、サングラス、バッグなどが人

気商品になった。2000年代に入ってもその地位は揺るがず、2007S/Sコレクションで発表した白と黒を基調にしたミニスカート(ミ

ニドレス)に大きなサイズのサングラスのスタイルは他ブランドにも大きな影響を与えた。2008年、シャネルのアート・プロジェク

トで、世界を巡回するアート展覧会「モバイルアート(MOBILE ART)」が、東京代々木競技場オリンピックプラザの特設会場で開催

される。2012年3月、日本で初のオートクチュールショーを開催。新宿御苑の特設会場にパリで発表されたオートクチュールコレク

ションと同様のセットを設置。飛行機のキャビンの中にいるような演出の中、2012-13AWオートクチュールコレクションが披露され

た。ヘアはサム・マックナイトと日本の加茂克也が担当。モデルもパリのショーでおなじみのステラ・テナント、リンジー・ウィ

クソンらが登場。会場にはバネッサ・パラディやサラ・ジェシカ・パーカー、安室奈美恵なども招待された。シャネルは女性の自

立を目指し、モデルに当時の女性としては斬新だった、ポケットに手を入れる仕草をして歩かせました。それによりポケットの文

化が生まれました。なおココはかなり痩せた体型でした。そのため、モデルとしてシャネルの服を自分自身が着たココがきっかけ

で、現在に至るまで「ファッションモデルは痩せている方が美しい」という固定観念が生まれました。

Hello world!

by admin - 4月 16th, 2014

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !